HOME>注目記事>私立中学と公立中高一貫校の費用や塾の選び方について解説します

費用について

授業

岡山で中学受験をする場合、公立中高一貫校と私立中学では費用や相場が異なります。まず受験料は私立中学では2万円以上のところが多いですが、国立であれば5,000円、公立だと2,200円なのでその差は大きいです。初年度納入金も国立や公立であれば数十万で済みますが、私立だと約100万円ほど必要になります。さらに私立では任意で寄付金が必要になることがあります。授業料も公立と私立では異なります。公立は基本的に授業料はかからないですが、私立は年間40万円程度かかるところが多いです。他にも私立と公立両方に、制服代や修学旅行代などがかかります。それらの点を考慮して学校選びをすることもポイントになります。

塾の正しい選び方について

授業

岡山で中学受験を行う際に、塾を活用するケースが多いのではないでしょうか。その塾を選ぶ際のポイントは、子どもに合っているかどうかです。塾は大きく分けて先生一人が数十人の生徒を指導する集団塾と先生と生徒が1対1、もしくは1対2ぐらいで指導する個別指導塾の2つがあります。どちらの塾にもメリットやデメリットがあるので、どの塾にするかは子どもの特性に合わせるのがいいでしょう。ライバルと切磋琢磨したいタイプの子どもであれば集団塾が最適で、自分のペースで進めていきたい子どもは個別指導塾が最適です。

どの中学校を選べばよいか

授業

岡山の中学受験は、費用の面でも触れたように私立中学と公立中高一貫校の2種類があります。どちらのタイプの中学に受験すればいいか悩む方が多いかと思いますが、これも子どもの特性に合わせるのがおすすめです。私立中学はさまざまな校風があるので、校風に合わせて学校を選ぶことができるという特徴があります。男子校や女子校もあるので、6年間を同性だけで過ごしたいと考えている子どもにも最適です。公立中高一貫校は、普通の公立中学や公立高校と考え方は変わらないので、クオリティの高い授業を受けながら公立の雰囲気を味わいたい子どもにおすすめです。

広告募集中