どのような仕組みになっているか

医大生

医学部に通いたければ、独学で勉強して合格することも不可能ではありませんが、難易度が高い学校ほど独学では難しくなります。この場合には、医学部予備校ことで合格の第一歩を踏み出すことができるかもしれません。医学部予備校の仕組みとしては、まずどこの志望校にするか決めるところからスタートします。それと同時に、現在の実力を知るためにテストを行いクラス分けを行うのが基本となっているところがほとんどでしょう。同じような学力の人たちが一つのクラスに集まるため切磋琢磨して勉強に励む環境ができあがり、モチベーションもアップも可能です。結果的に、合格につながる可能性が高まります。クラスがある場合でも、担任の先生がいる予備校は少なくありません。担任の先生といっても、学校のように毎回ホームルームがある訳ではありませんが、悩み相談や進路相談などに関しては担任の先生を通じて聞いてみてもよいでしょう。また、様々な情報をくれるのも担任の先生の役割です。本格的に通り生活に入る場合には、予備校の方で寮生活をすることも可能です。朝食と夕食は、寮の方で支給してくれるため安いお金で食べることが可能です。しかも、栄養士が監修しているため、栄養バランスも良く勉強に集中できる環境は整います。

どのあたりが注目されているか

女子医学生

医学部予備校で注目されているところの一つは、志望校に合わせたカリキュラムの作成です。個別指導のカリキュラム作成もそうですが、最近は集団授業でもより個別に対応するようになってきています。集団授業の場合には、一人一人の生徒に対してじっくりと担当のチューターなどがサポートしてくれます。夏休みが過ぎたあたりになると、過去問題を解いていくことになりますが、学校別の過去問題に近い模擬試験なども行ってくれるところもあります。また、それぞれの大学の傾向などを細かく分析することも可能でしょう。医学部を持っている大学自体が少ないため、細かい対策をすることができるわけです。寮生活になると、テレビなどが一切ない人やって勉強に集中することが可能です。自習室を備えている予備校も多く、通学している生徒だけでなく寮生活をしている生徒も利用することができます。最近は、コンピューター学習をすることが可能になり、飽きの来ない勉強が可能になっています。地方の予備校の場合でも、ネット配信で授業を受けることができるため、都市部にいるのと変わらない結果になるでしょう。地方と都市部で違いがほとんどない仕組みは、多くの人から注目されています。

広告募集中